ジギングと夜釣り情報

ジギング、夜釣りモンハン、ヤエン、波止釣りの情報や釣行記を掲載

*

2016/7/11 ラスターにて白イカ好釣イカメタル

   

白イカの当たり年

今年は連日マイカ白イカ好調が続いている日本海。
マイカも白イカも同じケンサキイカ。
小浜に近い舞鶴ではマイカ、鳥取寄りの網野では白イカと呼びます。

いつもお世話になっているオーシャンズさんは連日の好調で早くから満席。
なので今回はラスターさんにお世話になりました。

船長同士仲良しなので心強いです(^^)
5人そろったのでチャーターすることに。

チャーターなので自由にしてくれて良いですよと船長から嬉しい言葉が。
サビキでアジが釣れてて、それを呑ませにするとヒラメなども狙えますよと教えてくれたので色々と買い揃えました( ´艸`)

スッテとサビキ仕掛け

1本は5連スッテ仕掛けで置き竿に。
日が暮れるまではサビキで遊びます。

17時ごろ港に到着。
船長も到着。チャーターなので早めに出れますよって事で17時30分出船。

準備にバタバタしましたが、ちょっとでも長く遊ばせてやろうって言う心遣いが嬉しいですね(^^)

【タックル】
☆ベイトタックル
ロッド:プロマリン B-ラウンダー イカメタル702ML
リール:シマノ Salty One PG
ライン:PE0.8号 リーダー2号でマイカリグ使用
鉛スッテ20号 枝スッテ2.5号

☆スピニングタックル
ロッド:メジャークラフト ソルパラ SPS-772MW
リール:シマノ セフィアBB C3000HGSDH
ライン:PE1号 リーダー2号
中錘エギング 錘20号 エギ2.5号

☆スッテ仕掛け
ロッド:メジャークラフト CRJ-B60/4
リール:シマノ オシアジガー 1500HG
ライン:PE3号
YAMASHITA浮きスッテ5連仕掛け 錘30号

出船

30分ほどでポイントへ到着。早速サビキ開始。

手のひらサイズがポロポロっと釣れますが鈴なりとまではいかず。
呑ませの方も何のアタリもなし。

他の魚はあきらめ、本格的に白イカ狙いに。
日が出ているうちはイカメタルやスッテ仕掛けにもアタリなし。

船長から「まだ群れが来ていないみたいなので、焦らずやって下さい」と。
暗くなって船に灯りが点ります。

ライトが点くとサビキ竿にアジが掛かり出す。
それを目掛けてくるイカさんに期待。

穂先のアタリを見る

穂先を見てアタリに集中します。

・・・すると

20時30分ごろから白イカタイム(^^)
しばらくの間、シャクっているだけでアタる入れノリ状態に。

中錘エギング、イカメタル、浮きスッテ仕掛けとどれもノリノリ。

最初のタナは底。
底で釣れなくなると20mぐらいの浅いタナで釣れ出す。

白イカ

今年の白イカは良型揃い。
やはり大きいのはエギにくる時が多い。

船長も刺身用に釣ってきますと竿を出す。

中錘エギングで釣りまくります。さすがに上手(^^;)
船の上で食べる釣りたてのイカは最高です(^^)

釣りたての白イカ刺身

船長さんご馳走様でした。

その後もあまり途切れる事無く、タナを探りながらポツポツ釣ります。
タナを数字で見れるカウンター付きリールが欲しくなりますね。

いつもラインのマーカー色で大体のタナを覚えておくのですが、数字の方が確実です。
タナがずれていると釣果の差が歴然。

22時を過ぎるとアタリが微妙に。
シャクった後のステイ状態で来るので、穂先とにらめっこ。
ティップランエギングやイカメタル専用のような、先調子のロッドが無いとアタリが取れないぐらい繊細でした。

持参のスピニングタックルで使っているワインドロッドのソルパラSPS-772MWではアタリが分かりませんでした。専用ロッド買わないと・・・

マイカリグの枝には2.5号のエギ。
この日は鉛スッテより、ほとんどエギに来てました。
少しアタリが止まるとカラーチェンジ。そしてまた釣れ出すと言うパターン。

釣れたイカをクーラーに収納するのですが、このために買ったサンコーのヤリイカケース。

イカを収納

めっちゃ便利です(^^)
1個160~180円ぐらいとお安いですが、メーカー直送のため送料が1,000円かかりました。

ダイワのライトトランク20Lに入れて少し余るぐらい。
下と左右に保冷剤を挟んで冷却力アップ。
氷は溶けるとイカが水浸しになるので、バッカンを仕分けるボックスにまとめて入れています。

ケースに並べる前に海水でさっと汚れを落とし、エンペラと足をたたんで並べます。
大きいのだと3杯がやっと。小型の白イカは8杯並べられます。

午前0時過ぎ、ラスト30分で少し白イカを追加して終了。
この日は40杯ほど釣れました。
竿頭で62杯。5人全員で220杯ぐらいとなかなか良い日に当りました(^^)

家に着いたら午前3時40分。

午後からイカの状態を見るためクーラーボックスをチェック。

並べた白イカ

イカケースに並べたやつは売り物にできるぐらい綺麗(^^)
4つ買ったのですが、入りきらない分はジップロックに入れて別のクーラーで持って帰りました。

その差は歴然。ジップロックの中でも重ならないよう綺麗に入れましたが、やはり墨で汚れてしまいます。

フリーザーパックの白イカ

墨がもれるとさばく時に面倒なんですよね・・・

次回行く時はヤリイカケースを追加して、もう少し大きなクーラーボックスで挑みたいと思います。

 - 船釣り釣行記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

ラスターにてイカメタル&ロック便

下道は災害の爪あとが残る 7月16日、白イカ好調の京丹後市へ行ってきました。 下 …

2015/9/14 スーパーコーリンにてイカメタル

舞鶴ではマイカ 9月14日、舞鶴はスーパーコーリンにてイカメタルゲームを楽しんで …

2017/6/19 中錘&イカメタル釣行 in ラスター

白イカ好調の日本海へ 毎年6月は南紀の地磯で夜釣りをしているのですが、今回は梅雨 …

2015/7/13 オーシャンズにてイカメタル&エギング

鉛スッテでイカメタル! 前々からジギングへ行く度に船長から夏の白イカ釣りを勧めら …

2017/7/10 白イカエギング in オーシャンズ

白イカ好調の日本海へ 先月から引き続き白イカの好釣果で賑わっている日本海。 1人 …

イカメタルと中錘エギング釣行

イカメタルシーズン到来 6月に入り、日本海側でちょこちょこ白イカが釣れ出してきた …